アレキサンドライトレーザーの性能や特徴

脱毛をエステサロンや美容外科クリニックで行う場合、ある程度の施術回数や期間が必要となりますが、どちらかといえばより出力の高い医療用レーザーを使って脱毛が行える美容外科クリニックや皮膚科といった「医療施設」で脱毛した方が早い段階で効果を実感することが出来ます。
脱毛に使用される医療用レーザーは主にダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザー、そしてロングパレスヤグレーザーと呼ばれる3種類のレーザーが用いられます。

ダイオードレーザーは痛みが少なく施術が難しいと言われる産毛でも効果的に脱毛できるタイプのレーザーで、現在は家庭用脱毛器にも導入されています。ロングパレスヤグレーザーは男性の脱毛に最適なレーザーとしても知られており、お肌の深層部まで光が届くという点が最大の特徴となっています。

ちなみにロングパレスヤグレーザーは日焼けをしたお肌やもともと肌が地黒の人でも問題なく脱毛することが出来ます。最後にアレキサンドライトレーザーですが、このレーザーは1997年頃から日本で広く導入されるようになった、もっともポピュラーなレーザーとして知られています。アレキサンドライトレーザーは痛みを強く感じますが、高い脱毛効果が得られるだけでなくスピーディな脱毛を実現することが出来ます。また、施術前にジェルなどを塗布する必要が無いのでお肌のベタベタが苦手な人でも安心して脱毛することが出来るのも特徴として挙げられます。



(参考:町田市の医療脱毛・レーザー脱毛おすすめ病院ランキング | 美容医療の口コミ広場)